学習方法は日本語版の自分本を作る要領で考えてください。綺麗に作るのも、自分だけ分かれば良いモノどちらでも良い。速く、確実に頭にインプットでき、疑問の解決も速いです。
1.PDF教科書を開く、必要な個所をコピペする。3000字まで。
20170722190307.png
2.Goole翻訳 or DeepLを開く
-090.png
3.コピペを日本語訳にする。
net_honyaku_01.jpg
4.日本語訳をワードに添付する。
mig.gif
5.各章の終わりの演習問題を翻訳し、追加添付する。そして、答えは本の終わりにありますから、それも翻訳して問題の後に添付する。
各章の重要な部分ですので、赤字や背景色をつけて置くと要点がわかります。
​英語表現と日本語表現の違い、考え方の違いが理解できます。
6.本のすべてを翻訳すれば、後で見直し、確認する事ができます。
世間にある日本語訳本は誤訳、誘導など恣意的になり、現在の思考できない日本人ができあがりますので、ご自身でしてください。​この作業で、理解が進み、欧米人の考え方という合理的思考に変わります。自分で考える力が身に付きます。海外から何を考えているかわからない日本人にならないよう、
本気で学習すれば、考える力でAI時代にも対応できます。学校や肩書で中身のない冷たい日本人からオサラバしましょう。
908049523_edited.jpg
images.jpg

6.卒業時に症例症状・回復対策検索データマネジメントを提供します(国際ナチュロパシー養成過程の各療法を合理的に網羅しております。)。

療法追加や考え方、症状対応などを追加保存できます。